キュレル ジェルメイク落としの特徴と口コミ

敏感肌に人気のキュレルのクレンジングとは?

キュレル ジェルメイク落とし

乾燥すると肌が敏感になる方にキュレル ジェルメイク落としをご紹介します。
花王の「Curel キュレル」シリーズは、そんな「乾燥性敏感肌」に着目して作られました。
乾燥性敏感肌になる原因の一つとして「セラミド」が不足していると考えられます。
セラミドが不足すると、外部からの刺激を守ってくれる機能が低下し、肌荒れなど肌トラブルを引き起こしてしまいます。
バリア機能の低下は、乾燥による外部の刺激に敏感になって、今まで大丈夫だった化粧品が合わなくなることもあるので、普通肌の方でも、花粉症など、季節によって敏感肌になる方は要チェックですね。

容量と標準価格

・キュレル ジェルメイク落とし 130mL ・1,000円(税抜き)

キュレル ジェルメイク落としの特徴

肌にとって必要な「セラミド」を保護しながらクレンジング

一般的に洗顔料など使用すると、大切な「セラミド」まで取られてしまいがちです。
キュレルでは「セラミド」が角層から流れ出ないよう、角層を保護しながらクレンジングできるようになっています。

なじみやすいジェルタイプ

やさしく伸びる柔らかなジェル、しかもベタつきやヌルつきがありません。
毛穴の奥に入り込んだファンデや、なかなか落ちにくい口紅などもしっかり落とせるうえ、肌荒れを予防する「消炎剤(有効成分)」も配合、肌にやさしいクレンジングです。

「メイク落とし」と合わせて使いたい「キュレル泡洗顔料」

キュレルのメイク落としはW洗顔を推奨しています。
クレンジングしたら、セラミドを守るキュレルの「泡洗顔料」で洗顔しましょう。

キュレル ジェルメイク落としの口コミ

★@コスメでの平均評価【★4.1】

【20代 脂性肌】

もっと柔らかいテクスチャーだと思いきや、ちょっと想像していたよりもかためでしたね。
なのでメイクとなじませるには、少し量を多くした方がスムースにいきます。
軽いメイクは落ちますが、ウォータープルーフの化粧品はあまりよく落ちなかったです。

【30代 敏感肌】

値段もそんなに高くないし、オイルタイプじゃないから、マツエクも取れずにクレンジングできます。
ピリピリしないのでお肌にやさしい、敏感肌の私でもトラブルなく使用できます。

【40代 混合肌】

メイクとなじむと、オイルのように伸ばしやすくなりますが、それまでに時間がかかります。
時間をかけてもメイクの落とし残しが出てしまうのですが、その分、肌にやさしいから仕方がないのかも‥キッチリ落としたい人はオイルに変えた方がいいかもしれませんね。

まとめ

「乾燥性敏感肌用」に作られた医薬部外品のジェルタイプのメイク落とし、肌のバリア機能を損なわないよう、セラミドを守ってメイクを落とします。
W洗顔が必要です。(キュレル泡洗顔料を推奨)
敏感肌や乾燥肌の方には、刺激が少ないのでおススメしていますが、肌に優しい分、濃いメイクやウォータープルーフのマスカラは落ちにくいと口コミが多数ありました。
また一方、まつ毛エクステしていても取れずにクレンジングできると高評価の口コミもあります。
価格がお手頃で、ネットで調べると、1,000円を切って売られているところもありました。

トップページへ