DHC薬用ディープクレンジングオイルの特徴と口コミ

オイルといえばコレ!な人多数のDHCとは

DHC薬用ディープクレンジングオイル

毛穴の奥の汚れが落ちると口コミで評判のDHC薬用ディープクレンジングオイルをご紹介します。
しっかりメイクや、こってり盛ったアイメイクなどに、オイルタイプならではの、圧倒的なクレンジング力を発揮してくれます。
乾燥しやすいオイルタイプのデメリットを、うるおい成分を入れてカバー、使用後もうるおいがあったという口コミも多く見られました。

容量と標準価格

・DHC薬用ディープクレンジングオイル(L)200mL
・2,477円(税抜き)

DHC薬用ディープクレンジングオイルの特徴

肌からメイクや汚れを浮かし、毛穴の汚れもとれるクレンジング

DHC薬用ディープクレンジングオイルを肌にのせ、力を入れずに軽くなじませましょう。
すると、肌からメイクや汚れがみるみる浮き上がってはがれやすくなります。
なかなか落ちないとされている「シリコン配合の化粧品」も難なく落とすことができます。
また、メイクだけでなく毛穴汚れや、角栓まで取れると多くの口コミがありました!

ヌルヌルとしたオイル感がなく、肌に残らない

浮かした汚れを含んだオイルが水が混ざり合って白っぽくなると、水やぬるま湯で簡単に洗い流せることができます。
白っぽくなったら、もはやオイルのヌルヌル感はありません。
肌になじみやすいオイルだからこそ、スピーディーにのびて肌への負担がなく使用できるのも嬉しいですね。

肌にうるおう天然美容成分を配合

DHC薬用ディープクレンジングオイルには、乾燥させないように肌をやさしく守ってくれる「オリーブバージンオイル」と、美肌のハーブと呼ばれている「ローズマリー」といった天然の美容成分が配合されています。
特にオリーブオイルは、スペイン産オリーブ果実から抽出した「フロール・デ・アセイテ(オイルの精華)」をたっぷり使用しています。
「フロール・デ・アセイテ」とは、機械に頼らず手でひとつひとつオリーブの実を摘み、石臼で引いて搾ったオイルのことです。
機械化が進んだ現代では、とても手の込んだ、そして贅沢で希少価値の高いオリーブと言えるでしょう。

【DHC薬用ディープクレンジングオイル】の口コミ

★@コスメでの平均評価【★4.1】

【20代 乾燥肌】

普段から落ちにくいメイクをしているので、オイルクレンジングはかかせません。
乾燥肌の私にはちょっと強すぎるのか、使用後、少々つっぱり感を感じますが、その後のお手入れをしっかりしているので、特に問題はありせんね。

【30代 敏感肌】

それほど濃いメイクではありませんが、普段からUV化粧品やマスカラはしっかりしています。
マスカラも落とせ、敏感肌の私でも使用できるオイルクレンジングを探していたところ、口コミを見て、このDHC薬用ディープクレンジングオイルを試してみました。
まず、肌につけてもヒリヒリしない、そして使用後にもうるおいがちゃんと残っているのがいいですね。
値段も容量のわりにおトクだと思います。

【20代 混合肌】

まず驚いたのが、毛穴の奥までキレイになった、ということです。
油っぽさが苦手な私ですが、このオイルはヌルヌルしないのがお気に入りポイント。
また、1回でメイクがキレイに落とせるので、1度買うとなかなか減らないっていうコスパの良さもポイント高いですね。

まとめ

うるおい成分配合で、乾燥肌や敏感肌の方でも使用できるオイルクレンジング。
一部の乾燥肌の方には少しつっぱり感があるようですが、極端に乾燥した、という口コミはあまり見られなかったです。
メイクや汚れ、毛穴ケアもできるクレンジングとして口コミの評判が良いオイルクレンジングです。

トップページへ